1.マイオセラピー(MyotherapyR)とは?



マイオセラピーは,「痛み」や「コリ」などの症状を取り去り,血流を改善し,身体の柔軟性を回復させます.
普通ではゆるまないような『深層のコリ(筋硬結)』を取り去ることが,マイオセラピーの最大の特徴です.

それでは,先ずは,「痛み」について説明しましょう.病的な痛みには2種類あります.
① 急性痛(炎症性疼痛;えんしょうせいとうつう):身体に傷がつくと,そこを治すために様々な化学(炎症性)物質が出てきて,炎症を起こします.炎症は代表的な体の防御反応です.それらの化学物質は痛みの神経をも活動させますので,痛みが発生する結果となります.これが急性痛(炎症性疼痛)です.この炎症に伴う痛みは通常10日程度でなくなります.それでも無くならない痛みが慢性痛になります.

② 慢性痛(神経障害性疼痛;しんけいしょうがいせいとうつう):この神経障害性疼痛は,一般的には,「神経痛」と呼ばれる痛みです.この痛みは,神経自体の異常により発生します.最も身近な例は,長時間の正座によって起こる足のシビレや痛みです.しかし,短時間の正座による神経の異常は一時のもの(一過性)で,病気とはなりません.このような正座の状態(神経への血液不足)が長時間(期間)続いたり,繰り返されたりして,この状態が身体のあちらこちらで起こると,それぞれの身体の部位での「神経痛」となります.「神経痛」は,血液不足による神経の機能不全が主な原因です.この血流不全の経過時間や程度により,色々な種類の痛みが発生し,ときには治療が困難な痛みにまで進行することがあります.2~4週間以上続く神経痛は「神経障害性疼痛」といえます.また,これは「慢性痛症;まんせいつうしょう」とも呼ばれる神経の病気といわれています.


神経の血流不全が原因であらわれる症状

マイオセラピーは,この②番目の「神経障害性疼痛=慢性痛症」に対しても有効です.マイオセラピーは,筋肉などをゆるめることで,血流を改善させることで,神経の働きを正常にして,痛みなどの症状を取り去ることを目的としています.マイオセラピーのマイオ(myo)は「筋」で,セラピー(therapy)は「治療」という意味です.
 マイオセラピーでは,その目的を達成するために,神経に十分な血液が流れるのを止めている硬い筋(筋硬結;きんこうけつ)を特殊なバイブレーター(振動器)でゆるめていきます.
 この硬い筋硬結は,一般には「コリ」と呼ばれています(図1).例としては,「肩コリ」があります.これまでの40年以上の体験で,マッサージなどの手技療法やさまざまな器機を用いた物理療法では緩まなかった深層筋の「コリ」が無くなっていくことを可能にした治療法です.

図1 正常な筋と「筋硬結」を含む筋.

この図の筋硬結を含む筋は全体が短縮し,シコリがあり,押すと痛く,その全体にむくみ(浮腫)があります.正常な筋では,シコリや痛い部分などはなく,収縮させたり,引き伸ばしたりしても突っ張った感じや痛みを感じることはありません.また,硬く短くなっていない正常な筋は,身体の柔軟性を妨げることはありませんが,筋硬結を含む筋が多くなると,身体が硬く感じるだけではなく,実際に関節の動きが硬く制限されてきます.


2.マイオセラピーの対象症状は?


神経には,感覚を伝える「感覚神経」,筋を動かす「運動神経」,および血管や内臓の働きなどに関係する「自律神経」の3種類あります.また,「自律神経」はさらに「感覚」と「運動」の2種類に分けられます.
 ① 感覚神経が酸素不足になると,痛みやシビレなどの「異常感覚」が生じます.
 ② 運動神経が酸素不足になると,「コリ」や「関節の硬さ」などが生じます.
 ③ 自律神経が酸素不足になると,血管や胃腸などの内臓筋が収縮して,血流が少なくなりことで手足の「冷え」を感じたり,お腹の痛みや張りなどの「異常感覚」が生じたりします.
マイオセラピーの効果が期待できる症状などには以下のものがあります.

  1. (1)整形外科領域:痛み(例えば,あごの痛み(顎関節症),首痛,首コリ,肩痛(四十肩や五十肩),肩コリ,背部痛,肘痛(テニス肘やゴルフ肘など),手・指痛(手根管症候群),腰痛(ギックリ腰,椎間板ヘルニア),脊柱管狭窄症,殿部痛,股関節痛,坐骨神経痛,膝痛,可動制限(例えば,腕が上がらない,膝が真っ直ぐ伸びない),側彎,手首の腱鞘炎,手指のシビレ,関節のこわばり,突き指,バネ指,繰り返す足首の捻挫,骨折癒合後の不調・痛み,打ち身(打撲),など.
  2. (2)婦人科領域:生理痛,生理不順,など.
  3. (3)胃腸器科領域:胃腸の不調,便秘,慢性下痢,膨満感,胃のむかつき,逆流性食道炎,など.
  4. (4)循環器科領域:冷え性,むくみ,不整脈,原因不明の高血圧,など.
  5. (5)呼吸器科領域:喘息,息苦しさ,など.
  6. (6)泌尿器科領域:頻尿,尿漏れ,夜尿症,尿閉気味,膀胱炎,など.
  7. (7)眼科領域:眼精疲労,仮性近視,など.
  8. (8)耳鼻咽喉科領域:耳鳴り,気圧の変化による耳の奥の痛み,慢性鼻炎,喉に何かがつまっている異常感覚,飲食物をむせる,メニエル症状,筋性めまい,など.
  9. (9)皮膚科領域:皮膚の荒れ(肌荒れ),踵の皮膚がかさかさになって割れる(皮膚の角質化),脱毛,虫喰われ・やけど・湿疹などが長期間治りにくい,皮膚の黒ずみ,など.
  10. (10)肛門科領域:痔疾,など.
  11. (11)神経科領域:頭痛,顔面痛,自律神経失調症,など.
  12. (12)その他の領域:線維筋痛症,筋筋膜疼痛症,VDT症候群,など.
(以上の症状などは,神経障害の部位や程度により,単独で現われたり,複数で現われたりします.一般に,若年者であれば,単独な症状が現われることが多く,30歳代以降では複数の症状が同時に現れます.)



3.末梢神経障害(ニューロパシー Neuropathy )とは?


 私たちの身体には,上に挙げた症状を起こす神経の酸素不足が頻発する場所があります.その代表格は,首から腰仙部までの「背骨(脊柱)」です.脊柱をつくっている25個余りの椎骨の間には,神経の束が通る狭い穴(椎間孔;ついかんこう)があります.この椎間孔を通る神経の部分は「神経根」と呼ばれていて,ここには知覚神経,運動神経,それと自律神経のすべての神経が含まれています(図2).ですから,ここでの酸素不足はすべての種類の神経の異常による多彩な症状が現れます.
 この椎間孔を通る神経根は,構造的に弱いため,神経根の障害が容易に起こると考えられています.例えば,交通事故などによるいわゆる「むち打ち症」や階段から滑り落ちたときなどの「腰の捻挫」,スポーツ時などの背部(背骨)の「打撲」などにより,神経根の障害が起こります.また,腕や脚の骨折や関節の傷害,あるいは胃腸や肝臓などの内臓の不調や疾患により背中の筋が硬くなって神経根の動きを止めることで,血流が悪くなり,神経根の酸素不足となります.

   

図2 神経根が通る狭い椎間孔

脊髄を離れた神経(知覚,運動および自律)は狭い椎間孔を通ります.この神経の部分は神経根と呼ばれます.この神経根は構造的に障害が起こりやすい部分で,その障害は「神経根障害」と呼ばれます.








四肢にも神経が酸素不足になりやすい部位はありますが,それらは特殊なケースです.私たちの日常の生活において,仕事場であろうが,家庭であろうが,背骨(脊柱)を動かすことは手足を動かすほど多くはありません.特に,事務職や自動車の運転を職業とする人々は脊柱の運動が極端に少ない日常生活を強いられています.このような人々に肩コリや腰痛症などの慢性痛症が多発するわけです.ですから,慢性痛などの神経症状が現れたら,先ず,疑うのは神経根の酸素不足でしょう.

図3 筋ポンプ作用

筋が収縮すると(左),その周辺やその筋内の血管が圧迫されて,弁が開く方向に血液の流れが起こる.筋の収縮の後,筋が弛緩すると(右),圧迫されていた血管は膨らみ,そこに血液が入り込む.この筋ポンプ作用にて,正常な全身の血流が保たれている.だから,全身を常に動かすことは健康の維持には必要なことである.

血液の循環には心臓によるポンプ作用が重要です.しかし,心臓だけでは全身に十分な血液をすみずみまで送ることはできません.そこで活躍するのが骨格筋です.この骨格筋は関節を曲げ伸ばしして,身体を動かしますが,同時にその筋の周辺を通る血管やその筋の中を通り抜ける血管を圧迫したり,ゆるめたりすることで,心臓のような「ポンプ作用」を起こし(図3),全身の血液の循環を正常に保ちます.『適度な運動が身体によい』と言われる理由がここにあります.血液の循環を考えるとき,この「筋ポンプ作用」が非常に重要です.しかし,その筋が硬く,短くなりますと,血流を正常に保つための「筋ポンプ作用」がうまく働かなくなります.その結果,硬い筋硬結があるところに神経の酸素不足が発生します.
 神経障害の「悪循環」とは,「事故など⇒神経障害⇒硬い筋(筋硬結)⇒血流低下⇒神経への酸素不足⇒神経障害⇒さらなる筋硬結⇒さらなる神経障害」の連鎖反応のことです(図4)

 


図4 神経根の障害

脊柱の筋が短縮すると,神経根が通る椎間孔がさらに狭くなり,神経根の障害の可能性を多くする.また,脊柱の筋の短縮により椎間板の内部圧力が高くなり,椎間板ヘルニアなどの椎間板の障害の可能性を増やす.



4.治療方法は?


基本的には,マイオセラピーは神経根の酸素不足を改善することが主な目的です.そのために,脊柱の筋硬結を含む筋をゆるめることが必要となります.それらの筋の中でも,身体の奥深いところにある「深層筋(ディープ・マッスル)」をゆるめることが最も大切です.この「深層筋」がゆるまないと,いつまで経っても症状が改善していかないからです.尤も,皮膚に近いところにある「表層筋」を原因とする症状は改善しますが,「深層筋」がゆるまないと,症状の再発が必ず起こります.
 よって,通常の治療部位は脊柱の左右の中央部のみとなります.尤も,脊柱に筋硬結がみつからず,脊柱の動きが正常であるにも関わらず,症状が残存する場合は腕や脚(四肢)の筋の治療をします.しかし,これまでの経験では,四肢の治療を行うケースはほとんどありません.
 マイオセラピーでは特殊なバイブレーター(MyoVib®, 商標登録第 4572571 号)を用います.これまでの手技(徒手)療法で消えなかった硬い筋硬結が,このバイブレーターを使うことで,完全に消え去ることを体験しています.この筋硬結が消え去るということは,そのために止められていた神経への血流が回復するということで,その結果,症状も消え去るということになります.


5.治療間隔は?


 話は少し専門的になりますが,マイオセラピーの一つの治療目的に,治療部位の神経を刺激して,その神経から分泌される化学物質(神経ペプチド)により血管を拡張させたり,血管の透過性を増大させたりする作用があります.つまり,治療部位の血流を増大して,硬く凝り固まった筋を正常の柔らかい筋に戻そうとするわけです.この血流が増大する現象を「神経性炎症様反応」と呼び,それが一応終わるのに10日ほどかかります.ですから,この10日間に新たな治療による新たな反応を起こしますと,その神経性炎症様反応は終わることなく,治療を続ける期間中持続することになります.これでは,その反応が永遠に終わらず,治療部位が治まることはありません.治療とは,自然治癒力を誘起したり,促進したりすることです.ですから,治療はできる限り少なく,治癒プロセスのほとんどを自然治癒力に任せるべきです.
 また,他の治癒プロセスの一つにコラーゲンの分泌があります(図7).これは組織の傷を修復するために起こる反応であり,コラーゲンの強度が70~80%に達するのには1ヶ月ほどかかります.この期間内にふたたび効果的な治療を行いますと,コラーゲンが弱いまま残るか,あるいはコラーゲンの分泌がさらに増すこと,つまり過剰になることで,体はかえって硬くなっていきます.ですから,効果的な治療を行うのは治療初期において1ヶ月ほど(4~6週間)に1回の治療が適切であると考えています.その後,筋硬結の状態や症状により,治療間隔を8週間から12週間へと延ばしていきます.6ヶ月に1回の治療でも症状のない生活を送られている方もおられます.

図7 治癒プロセス

治癒プロセスのうち,急性の炎症反応が終わるのには10日程度かかります.また,傷の修復に必要なコラーゲンが分泌され,その強度が70~80%に達するのに1ヶ月ほどかかります.全体の治癒プロセスが完了するのには2~3ヶ月間かかります.


6.自律神経機能測定


 マイオセラピーを行うとき,リアルタイムで自律神経機能の測定を行い,交感神経と副交感神経の働きのバランスを調べます.この結果によって,交感神経の機能が亢進している場合は,副交感神経の働きを高め,また副交感神経の機能が亢進している場合は,交感神経の働きを高める治療方法を選択します.さらに,自律神経の働き状態によっては,日常生活において注意すべきことや運動などの指導も行っています.特に,腸や自律神経の働きとの関係が深いアトピー性皮膚炎,気管支喘息,花粉症などのアレルギー体質の方への適切な生活習慣の指導を行っています.


7.マイオセラピーの歴史的背景


マイオセラピーの発案・開発は医学博士辻井洋一郎により行われました.40年余りの年月を経過して,現在のかたちのマイオセラピーに至っています.この間,種々の治療法が試行されましたが,その中でも,徒手を用いた「徒手療法」の時期が最も長期にわたります.マッサージやカイロプラクティックなどの徒手療法は,痛みやコリなどに対して,国際的にも最も頻繁に用いられている治療法です.

マイオセラピーは1991年,病的な筋を治療する方法として,始まりました.その当時の理論では,治療対象を筋の病気(一次的筋疾患)として捉え,筋を治療することで筋が正常になり,痛みなどの症状が改善すると考えていました.現在では,痛みやコリの原因は神経障害,その中でも特に神経根障害によるとの理論から,短縮した筋をゆるめることで神経障害が改善し,痛みやコリがなくなると考えています.詳しい歴史的背景へ.

 


Link to ISTOP(www.istop.org

page top